ファスティングというダイエット方法の全貌

ウーマン

体に負担をかけないために

お腹

正しい断食のための注意点

身体に大きな負担とならないためにも、ファスティングダイエットの注意事項を理解します。いきなり食べないわけではなく、前日からのプチ断食から始まります。予備断食をすることは大事なことであり、ここから緩やかにファスティングに入ります。予備断食では朝食は通常の8割程に控えて高脂肪も控え、野菜や果物をメインに食べるといいです。ランチもいつもの8割程度にして、そばやうどん類の消化の良いものを食べます。予備断食の夕食は通常の6割ほどの量を、睡眠前の3時間前には食べ終わることです。ファスティングの前の晩は、飲酒は消化の良くないことを考慮して、飲むのはお休みします。また睡眠も重要になるため、深夜0字前には寝床につくことです。睡眠不足で断食に入ると、疲労感が出やすいこと、ストレスも感じやすくなるためです。ファスティング期間は専用ドリンクと、白湯やミネラルウオーターなど、シンプルな飲み物だけで過ごします。砂糖やミルクたっぷりのコーヒーを飲んだり、コンビニの甘い清涼飲料水を飲むのは控えます。空腹を感じても、うっかりスナック菓子やチョコレートなど、いつものようにはつままない事にも気をつけることです。本断食のファスティング期間中は、口にするドリンクには注意をして、スケジュールを守ります。回復食もとても重要な成功の秘訣、ファスティング専用ドリンクが終わっても、回復食で一気に通常食には戻さないように注意です。回復食に入ったら、重湯やお粥、味噌汁など胃腸に負担が掛からない食べ物からはじめます。

食べ物以外に意識を

体重計

成功したファスティングの体重をリバウンドさせないためにも、食べることばかりを考えないことです。飲むだけの時期は簡単とは言えないですが、通り過ぎれば体重は減ります。食べること以外に楽しみを見つけると、体重が再び増えることを防ぎます。

デトックスで腸内を美しく

ウエスト

デトックスで腸内をクリーンにするファスティングは、ダイエットを目的とする人も多いです。日本には美味しい食べ物が多く、好きなだけ食事ができるものの、肥満は改善が必要になります。不要な毒素を出しきるのもファスティングであり、結果的にダイエットは成功をしやすいです。