ファスティングというダイエット方法の全貌

婦人

食べ物以外に意識を

体重計

食事と睡眠も大事

ファスティングをして体重を減らしたら、その後はリバウンドをしないためにも、食べ物のことばかりは考えないことです。固形の食事を食べないで過ごすファスティングは大変なもの、復食期があるとしても、食欲を我慢していた反動はあります。終わったらなにを食べようかと考えてばかりいると、ファスティングで成功しても、復食期から食べる量は多くなりがちです。回復食を終えてからも、食べることばかり考えるようでは、リバウンドをする可能性は高まります。ファスティング期間中には食べ物以外にも意識を向けるようにしていることで、体重が減って元の食事に戻す期間に入っても、過度な食事で失敗をする事はないです。常に食べ物のことを考えて過ごすよりも、ファスティングは穏やかに、なにか楽しいことに意識を向けます。スポーツジムで行う筋トレのような、ハードなスポーツは向いていないですが、公園をのどかにお散歩するのも、気分転換にはなります。外へ出かけなくても、自宅でストレッチをするなど、軽い運動はよい効果のある方法です。体調のことも考えて、自宅でゆっくりと過ごす人であれば、この機会に本をたくさん読むのも楽しいです。デジタル機器にばかり意識を向けることなく、読書をして書面から、正確な知識と情報を得ることになります。体重は減って知識は高まるのですから、一石二鳥の方法です。食べること以外に意識を向けて過ごしていると、ほかのことに夢中になるので、ドカ食いなどをしてリバンドをする暇もありません。